05:39 2019年11月15日
ロシアでおばあちゃん1人に対する孫の数が減少 専門家

ロシアでおばあちゃん1人に対する孫の数が減少 専門家

© Fotolia / Progat
ロシア
短縮 URL
ロシア人はどう思っている? 家庭の幸福、仕事やお財布の満足度は? 世論調査 (69)
0 20
でフォローする

ロシアではこの100年でおばあちゃん1人に対する孫の平均人数が6.7分の1に減少した。プレハーノフ記念ロシア経済アカデミーの研究者エレーナ・エゴロワ氏が明らかにした。

 エゴロワ氏によれば、ロシアでは1926年に100人の祖父母に対し孫が542人だったが、2002年には87人に、2019年には81人に減少した。

高齢化は世界のトレンド

国連の予測によれば、2035年には地球の人口の約13パーセントが65歳以上になるとされている。人口に換算すると、その数は10億人を超える。

国連の評価によれば、1980年代に100人当たりの労働者(25歳から64歳の成人)が扶養した65歳以上の高齢者は平均して16人だった。この状況はなんと2000年代まで続いた。しかし、2035年になると、この数値が激変する。

専門家によれば、ロシアでは2025年までに年配者の割合が27%に達し、2035年には労働人口を上回ると推測されている。

この問題については関連記事をご参照ください。

関連ユース

日本の働き手、過去最低に

トピック
ロシア人はどう思っている? 家庭の幸福、仕事やお財布の満足度は? 世論調査 (69)
タグ
高齢者, 高齢, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント