06:34 2018年08月17日
ペトロザヴォーツクでオーロラ

これも太陽フレアの影響 8日モスクワでオーロラ出現

© Sputnik / Igor Podgornyi
テック&サイエンス
短縮 URL
0 130

6日、過去12年で最強の太陽フレアが生じたために欧州、米国の領域で通信状況が悪化している。研究者らは今回の太陽フレアについて起こりうる最大限の強度に限りなく迫っていると判断している。

スプートニク日本

専門家らの評価では、地球に向かって飛来する陽子(プロトン)の流れが最大になるのは9月8-9日。この2日間は磁気嵐が頻繁に発生するため、気象条件に左右されやすい人や慢性疾患を抱える人は具合が悪くなるかもしれない。

太陽フレアの活動が活発化することで、モスクワ上空では普段は見られないオーロラが観測される可能性がある。

モスクワおよびサンクトペテルブルグでは2015年にも珍しいオーロラが観測されている。

タグ
自然, 科学, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント