15:23 2018年10月23日
ハワイの巨大な「確執の望遠鏡」(モデル)

米当局、ハワイの巨大な「確執の望遠鏡」建設を最終承認

© 写真: TMT Observatory Corporation
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11

長い裁判と地元住民からの抗議のあと、米ハワイ島の当局が世界最大の望遠鏡「30メートル望遠鏡」(TMT)をマウナ・ケア山の山頂に建設することを再度許可した。

スプートニク日本

サイエンス誌によると、W・M・ケック天文台に加えTMTを建設する計画は2000年に誕生し、2014年に建設許可が下りた。しかし建設作業開始とほぼ同時に、建設現場に抗議グループが現れ、建設を中止させた。

続いて訴訟および検証手続きが行われ、今年11月になってようやく、建設を許可する方向で終了した。

サイエンス誌によると、世論が建設を支持し、天文台側がマウナ・ケア山の環境保護と地元住民の教育に年200万ドルを拠出することで合意したことで決定が取られた。

W・M・ケック天文台には2台の10メートル光学近赤外線望遠鏡、ケックI望遠鏡とケックII望遠鏡がある。さらに、マウナケア天文台群には8.2メートルの主鏡を持つジェミニ天文台や8.2メートルの主鏡を持ったすばる望遠鏡などがある。

関連ニュース

奇妙な二重小惑星をハッブル望遠鏡で発見【動画】

ゲームボーイで木星の撮影に成功【写真】

タグ
天文学, 宇宙, 研究, 科学, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント