16:45 2018年09月26日
ロスアトム

ロスアトム、福島原発の「核の溶岩」の性質研究に協力へ

© Sputnik / Alexandr Kryazhev
テック&サイエンス
短縮 URL
0 130

ロシア国営原子力企業「ロスアトム」は事故を起こした福島第一原発にある核燃料を含む溶融物に起こる変化の予測において協力する。スプートニクが伝えた。

スプートニク日本

ロスアトムは核燃料を含む炉心溶融物(コリウム)の時間の経過に伴う性質の変化を分析する技術開発プロジェクトに取り組む。

事故処理の観点から、コリウムの局所化、相組成、物理機械的特性の情報を得ることは重要。ロスアトムはコリウムの採取に取り掛かる。

福島第一原発事故処理のための課題の中で、コリウムの発見、採取、除去は現時点最も複雑なものである。だが、極めて高い放射場のためコリウムに近づくことすら不可能であることが多い。

関連ニュース

世界の放射能汚染地域ワースト9

日本、福島の放射能汚染木材を燃料に

タグ
福島, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント