11:09 2018年12月14日
ウルティマ・トゥーレ

ニューホライズンズ、冥王星の「先祖」の最初の画像を取得【写真】

© 写真 : NASA/JHUAPL/SwRI
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

無人探査機「ニューホライズンズ」が、太陽系外縁天体「ウルティマ・トゥーレ」の最初の一連の画像を取得した。この天体の研究は今後、冥王星や他のカイパーベルト天体がどのように生じたのかを学者らが理解することに役立つ。カイパーベルトとは、太陽系の「辺境」そのものに存在する小惑星の帯である。これらの画像は、米航空宇宙局(NASA)のウェブサイトで公表された。

スプートニク日本

ニューホライズンズは現在、「冥王星の先祖」と推測されるウルティマ・トゥーレから1億6千万キロの距離にある。これは、地球と太陽の間の距離にほぼ等しい。ウルティマ・トゥーレの軌道に同探査機が到達するのは来年初めになる。

​学者らは、ウルティマ・トゥーレの一連の画像が、天体表面の起伏の興味深い詳細を明らかにするだろうと考えている。この詳細は、冥王星の「中心核」に似ているという。天文学者らは現在、この天体が比較的大きな2つの小惑星から成る二重惑星であることを既に確定している。

関連ニュース

NASA「ニューホライズンズ、休眠から覚醒」 宇宙探査再開の準備完了

冥王星は数十億の彗星が合わさって生まれた

タグ
写真, 科学, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント