05:27 2018年10月16日
産業ロボット技術センターの開発セレモニーで

川崎重工参加の下、ペテルブルクに産業用ロボット技術センターがオープン

© 写真 : Kawasaki-Polytech
テック&サイエンス
短縮 URL
0 80

ペテルブルクで日本の大手総合重機メーカー「川崎重工」参加の下、産業ロボット技術のセンターが開設された。

スプートニク日本

9月18日、サンクトペテルブルク総合技術大学内に、産業ロボット技術「カワサキ・ポリテク」科学・教育センターが開設された。

開設にともなうセレモニーでは、同大学学長でロシア科学アカデミー会員であるアンドレイ・ルツコイ氏と川崎精密機器&ロボットカンパニーの橋本康彦社長も出席した。

「我々はほんとうについている」と切り出したアンドレイ・ルツコイ学長は、「我々は、現代的で知性に溢れるパートナー、川崎重工に出会うことができた。その結果として、本日、デジタル産業センターの開設となりました」と、ルツコイ学長は強調した。

  • 産業ロボット技術センターの開発セレモニーで
    産業ロボット技術センターの開発セレモニーで
    © 写真 : Kawasaki-Polytech
  • 産業ロボット技術センターの開発セレモニーで
    産業ロボット技術センターの開発セレモニーで
    © 写真 : Kawasaki-Polytech
  • 産業ロボット技術センターの開発セレモニーで
    産業ロボット技術センターの開発セレモニーで
    © 写真 : Kawasaki-Polytech
  • 産業ロボット技術センターの開発セレモニーで
    産業ロボット技術センターの開発セレモニーで
    © 写真 : Kawasaki-Polytech
1 / 4
© 写真 : Kawasaki-Polytech
産業ロボット技術センターの開発セレモニーで

今年、川崎重工は、創業122年目を迎え、同社がロボット技術の開発をはじめて50年目となる。橋本社長は次のように語った

「産業ロボットははじめ自動車メーカーとの協力からはじまった。いまでは、半導体分野をはじめ、航空機や食品、機械など、さまざまな分野で利用されている。これからの産業の発展にはロボットは不可欠だ」

橋本社長は、川崎重工と科学・教育センターが協力すれば、サンクトペテルブルクのみならず、ロシア中で産業を発展させることが可能となると、確信をもって述べた。

開設のセレモニーでは、10におよぶ最新のロボット技術複合体が展示され、その多くが、各クラスで記録的な成果を勝ち取っている。展示されたあるロボットは、書道の「技能」を披露し、書道の師範である石嶋かおり先生と共演を行った。石嶋先生は、このデモンストレーションに出演するため特別に総合技術大学に来ていた。

関連ニュース

「露日が共にあれば競争相手はいない」露経済発展相

タグ
露日経済協力, テクノ, ロボット, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント