15:51 2018年10月22日
散歩

簡単にできる脳卒中リスク軽減法、見つかる

© Sputnik / Grigoriy Sisoev
テック&サイエンス
短縮 URL
0 80

毎日30分の散歩は脳卒中による死亡リスクや卒中による後遺症リスクの低下と関連性がある。研究結果が学術誌「Neurology」に掲載された。

スプートニク日本

学術誌「Neurology」によると、スウェーデン・ヨーテボリ大学の研究チームは、同大学病院が最近脳卒中になった患者の治療中に集めたデータを研究。患者の食事と生活様式、一連の要因を調べた。

最も重いタイプの脳卒中や同様の卒中全体のリスクを高める大きな要因は、運動の欠如と座りっぱなしの生活だった。「活発でない」患者では定期的に運動をする人に比べて平均1.2倍、脳卒中が多く起きていた。

チームによると、週4時間か1日30分ほどを散歩や軽い運動に費やすことで、脳卒中の後遺症の大半は避けることができる。

関連ニュース

太平洋で秘密の「サメカフェ」見つかる

操作可能な「ロボ皮膜」であらゆるモノがロボットに【動画】

タグ
病気, 研究, 科学, スウェーデン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント