09:05 2018年10月23日
Будильник стоит около спящей девушки

早起きは肥満のもと

© Fotolia / ComZeal
テック&サイエンス
短縮 URL
0 51

カリフォルニア大学の米国人学者たちは、睡眠不足が肥満を引き起こすと語っている。

スプートニク日本

午前6時前に起きた人たちは、1日の間に脂質の多い有害な食品を過剰摂取しており、これが肥満に結びついているという。Svopiが伝えた。

また寝ている時間帯と起きている時間帯のパターンが入れ替わるのも、人間の身体活動を低下させ、肥満の原因となる。

睡眠障害は、たとえ綿密なカロリー計算をしていたとしても、肥満のリスクを60パーセント増加させるという。

関連ニュース

睡眠にとって最も有害なポーズが発表される

日本人の7割が不眠 なぜ眠れない理由と対処法

タグ
健康, 病気, 研究, 科学, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント