13:46 2018年11月18日
老人(アーカイブ写真)

2040年にはスペインが長寿国世界一に 日本は2位

© Sputnik / Mikhail Mordasov
テック&サイエンス
短縮 URL
130

米保健指標評価研究所(IHME)は、世界の長寿国ランキングでは2040年までにスペインが1位となり、日本は2位に転落するとの予測を発表した。

スプートニク日本

IHMEは、「2016年世界の疾病・外傷・危険因子負担」の統計をもとに研究を行った。

医学誌ランセットに発表された予測報告によると、2040年にはスペインの平均寿命が85.8歳となり、現在世界一の長寿国である日本の85.7歳を抜いてトップとなる。

なお、3位は85.4歳のシンガポール、4位は、85.2歳のスイス、5位は、84.5歳のポルトガル。

予測報告によると、世界の平均寿命は2040年までに平均4.4歳延びる見込み。

関連ニュース

最も長寿を促進するスポーツが発表される

寿命延長に寄与する炭水化物の1日の摂取量が明らかに=学者

タグ
研究, 科学, 健康, 日本, スペイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント