09:35 2018年11月18日
スマートフォンを使っている女性(アーカイブ写真)

SNSを頻繁に利用でうつ病のリスク

CC0 / Pixabay/marcino
テック&サイエンス
短縮 URL
260

米心理学者らが、143人の大学生を対象に実験を行い、長時間のSNS利用はうつ病と孤独感の発生につながると明らかにした。

スプートニク日本

実験は3週間続いた。被験者は2グループにわけられた。対照群の大学生は癖を変えずに、SNSにいつも通りの時間を費やした。第2グループの大学生はSNS利用を1日10分以内に抑えた。その後、感情状態の確認を目的として、被験者にアンケートを行った。

孤独感とうつ病の発生は、SNSの利用時間に直接左右されると判明した。3週間の実験を終え、1日10分にSNS利用を控えた第2グループの大学生は、対照群に比べてうつ病の徴候が少なかった。

研究チームは、この現象が無意識下の比較で説明できると仮説を立てる。例えばインスタグラムで他人の人生のイベントを見ている時、その人物は他の誰もが自分よりいい暮らしをしていると感じる。

関連ニュース

男性にも産後うつがある

脳活動は季節と直接関係している=研究

タグ
健康, 研究, びっくり, テクノ, 科学, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント