16:34 2018年12月13日
インドネシア

インドネシアで最古の壁画が見つかる【写真】

© Fotolia / Zariam74
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

インドネシア・ボルネオ島の洞窟で、動物を描いた最も古い壁画が見つかった。タイム誌が報じた。

スプートニク日本

壁画は約4万年前に、雄牛と見られる動物の赤いシルエットを描いている。これは、フランスやスペインで見つかった壁画より格段に古い。

洞窟壁画では動物のスケッチが最も頻繁に確認される。約1万4千年前から踊ったり狩りをする人々が描かれ始める。

赤い雄牛が何を象徴していたのかはまだ明らかではない。

オーストラリアのグリフィス大学の考古学者で地球化学者であるマクシム・オーベール氏は「雄牛は洞窟の人々にとってただの食物ではなく、何か特別な意味を持っていたと考えている」と述べた。

​関連ニュース

猫やスカラベのミイラ エジプトの遺跡で発見【写真】

エジプトのミイラに最古の複雑なタトゥーを発見 5千年前のタトゥー

タグ
研究, 科学, 文化, 歴史, インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント