06:33 2019年12月15日
火星

天文学者ら、火星表面の巨大な「雪の湖」を写真撮影【写真】

© CC BY-SA 3.0 / ESA/DLR/FU Berlin
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

欧州宇宙機関(ESA)の探査機「マーズ・エクスプレス」が、火星の軌道上での活動開始から15年になることを祝い、莫大な量の氷と雪で満たされたクレーターを撮影した詳細で非常に美しい複数の写真を取得した。これらの写真は、欧州宇宙機関のウェブサイトに掲載された。

スプートニク日本

研究者らが指摘するところでは、同探査機は、火星の主要な謎の研究において主導的役割の1つを担っているという。その謎とは、火星に莫大な量が蓄えられていた水が失われたという秘密。

実は、研究者らは今日、遠い昔には火星の表面に、川や湖、水を湛えた紛れもない海洋が複数存在していたと考えているのだ。

火星で最も大きな水の蓄積は、「コロリョフ・クレーター」の中に見ることができる。このクレーターは直径が84キロの穴で、火星の北極領域の付近にあり、ソ連の技術者でロケット設計技師だったセルゲイ・コロリョフに敬意を表して名づけられた。

​関連ニュース

NASAの人工衛星から火星探査機インサイトの写真が送られる

火星へ飛行する際の放射線、宇宙飛行士の寿命を2年半短縮

タグ
写真, テクノ, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント