11:07 2019年11月12日
ビジュアル強化システムへのHoloLens

マイクロソフト社員、米国防総省との契約破棄を要求

CC BY 2.0 / US Army Staff Sergeant Pablo N. Piedra / Virtual Clearance Training Suite
テック&サイエンス
短縮 URL
181
でフォローする

米IT大手マイクロソフトの社員50人以上が、米国防総省への協力関係を放棄するよう上層部に訴えた。バズフィードが報じた。

スプートニク日本

社員はサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)とブラッド・スミス社長宛に公開書簡を送った

社員は、同社が軍事技術開発から手を引き、今後のプロジェクトを評価する特別倫理審議会を設置すべきだと指摘する。請願書では、マイクロソフトが米国防総省のために開発しているビジュアル強化システム技術の開発を止めるよう求めている。4億7900万ドル(約530億円)の同契約の一貫で、複合現実テクノロジー機器「HoloLens」を兵士の訓練と実践に利用する計画だ。

公開書簡は「ビジュアル強化システムへのHoloLens適用は人殺しの助けになる。この技術の戦闘行為への適用は戦争を、戦争の恐ろしさを兵士から隠す『ビデオゲーム』に変貌させる」と訴える。

関連ニュース

グーグル、米国防総省の100億ドル相当のクラウド技術開発の契約入札に参加せず

アマゾンCEO、米国防総省との協力は拒否しないと表明

タグ
軍事, テクノ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント