19:52 2020年02月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

21日、ロシア製新型宇宙船ソユーズ「MS-13」が国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングに成功した。ロシアのミッションコントロールセンターが発表した。

乗組員は、ロシアのアレクサンドル・スクヴォルツォフ、イタリアのルカ・パルミターノ、米国のアンドリュー・モーガンの各宇宙飛行士で、地球への帰還は2020年2月に予定されている。

ISSの滞在クルーとして残っていたのは、ロシアのアレクセイ・オフチニン氏、米国のニック・ヘイグ氏クリスティーナ・コック氏の3名。

2011年からロシアの宇宙船「ソユーズ」は、ISSに乗組員を輸送する唯一の手段となっている。米国では、スペースX社の有人宇宙船「Dragon 2」とボーイング社の「Starliner」が開発されている。今月、「Dragon 2」のISSへの無人試験飛行が行われた。7月には有人での試験飛行が予定されている。また8月と9月には「Starliner」の試験が行われる見込み。

関連ニュース

月面着陸模擬実験の参加者、4ヶ月の隔離生活後、ご飯が恋しくなる

タグ
ISS, イタリア, 米国, ロシア, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント