11:50 2020年04月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

米国ケンタッキー州の洞窟で3億4千万年前のサメの化石が発見された。「ニューヨーク・ポスト」紙が報じた。

報道によると、2019年11月、生態学者のリック・オルソン氏と古生物学者のリック・トーミー氏がマンモス・ケープ国立公園で発掘作業を行い、古代サメの頭蓋骨の化石を発見した。この貴重な発見のニュースは、古生物学者のジョン・ポール・ホドネット氏の耳まで届いた。同氏はサメの正確な種類を究明するためこの洞窟に向かった。

ホドネット氏によれば、化石は約3億3千から4千万年前に生存したSaivodus striatus種に属すサメのものだという。同氏は、「私たちはどうやら信じられない大きさの絵が描かれ、一部が足りないパズルを発見したようだ」と強調した。ホドネット氏は、洞窟では他の種のサメの化石も発見されたと語った。また同氏は、「マンモス・ケープ国立公園は同様の化石が豊富にあることが判明した」と指摘した。

発掘に参加したホドネット氏と他の研究者たちは、オハイオ州の都市シンシナティで2020年10月に予定される脊椎動物の古生物学会の年次会合で研究結果を発表する予定だ。

タグ
サメ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント