17:49 2020年04月10日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

ロシアは初の宇宙飛行士の月面着陸地点を特定するため、月の3Dマップの製作に取り掛かる。ロシア科学アカデミー宇宙調査研究所のアナトリー・ペトルコヴィチ所長が明らかにした。

ロシアの探査機「LUNA-26」は初めてステレオ画像撮影を使って月の地形図作成に取り組む。

ペトルコヴィチ所長によれば、この技術により高精度で月全体を写した地図が出来上がることで、月の構造とその生成を分析することが可能となる。

探査機の打ち上げは2024年に行われる予定。

関連ニュース

ロシア、月探査機を2021年10月1日に打ち上げへ

NASAの予算、記録的な増額へ 月計画で

タグ
宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント