07:09 2020年09月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41
でフォローする

ロシア最大のIT企業ヤンデックスは、米ミシガン州アナーバー市で自動運転車の定期的なテストを開始したと発表した。同市ではテストエンジニアが運転席に座っていない場合でも自動運転車が路上を走行することができるという。

ヤンデックスによると、このテストは自動運転の分野における同社の経験を拡大する。

アナーバー市はヤンデックスにとってイスラエルのテルアビブに加えて2つ目の自動運転車のテストゾーンとなった。

ヤンデックスのブログでは、自動運転車の自律制御システムがさまざまな道路、天候、気候条件でしっかりと機能するためにさまざまな場所でテストされると述べられている。

また「気候、交通計画、法律の違いはたくさんのさまざまなシナリオをつくりだしており、その中で我々は弊社の自動運転システムをテストしている」と指摘している。

ヤンデックスは2017年春に自動運転車の最初のプロトタイプをテストし、 現在はロシア、イスラエル、米国で自動運転車のテストを行っている。

関連ニュース

タグ
米国, ロシア, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント