08:59 2021年08月04日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

東京医科歯科大学の研究グループが、血中アルコール濃度を測定する新たな方法を考案した。これは呼気分析計を用いた測定よりも信頼性が高いという。論文が学術雑誌Scientific Reportsに掲載された。

日本の研究者たちが考案したヘッドセット型イヤーマフは、耳の皮膚から放出されるエタノール蒸気のデータをリアルタイムで測定することができるセンサーと、ガスを収集する部分で構成されている。体内にアルコールの痕跡が見つかった場合、インジケーターランプが点灯し、その明るさがアルコールの濃度を示す。

​研究者たちは、このデバイスについて、さまざまな病気の診断や代謝機能の評価にも用いることができるとしている。

関連ニュース

タグ
研究, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント