10:06 2021年08月04日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41
でフォローする

膵臓疾患の危険性はしばしば過小評価されており、場合によっては死に至ることもある。ミュンヘンにあるレヒト・デア・イザール病院付属がんセンターのアナ・アルギュル所長は、膵臓を保護するための最も効果的な方法について語った。

アルギュル氏は、これらの要因を排除するために、炭水化物と脂肪を抜き、食物繊維をたくさん含んだ食品を毎日の食事に取り入れることを勧めている。

また肥満対策のためには、定期的な身体活動が推奨されている。簡単なエクササイズを毎日行い、少なくとも週に2日は集中的なトレーニングをするべきだという。

飲酒制限や禁煙も同じく重要な要素となっている。胆のうに結石がある場合は、膵管を閉塞し、膵炎を発症させる恐れもあるという。

アルギュル氏は、リスクを最小限に抑えるため、定期的に超音波検査を受けることを勧めている。

関連ニュース

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント