16:41 2021年09月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシアの軍事企業「クロンシュタット」のセルゲイ・ボガチコフ最高経営責任者(CEO)は、開催中の航空ショー「MAKS 2021」で、自動運転型の超音速旅客機の実証機を製作すると発表した。

「我々は今後、超音速航空機の実証機の製作について、ジュコーフスキー科学研究センターや中央流体力学研究所(ツアギ)と積極的に協力していく。強調したいのは、自動運転型の実証機が計画されている点だ」

ボガチコフ氏によると、計画中の旅客機はオプションで操縦できるようになっており、複雑な状況や異常事態が発生した場合にはパイロットが操縦し、それ以外の状況では自動モードで飛行するという。

ロシアの航空ショー「国際航空宇宙サロン(MAKS)」の主な目玉は、第5世代軽量戦術戦闘機Su-75チェックメイト。同機には低視認技術が採用されており、兵器搭載量も大きいが、外国製の同様の戦闘機よりも安価。

関連ニュース

タグ
ロシア, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント