00:31 2021年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02
でフォローする

株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所の代表取締役社長、北野宏明氏は、最新の科学頭脳に匹敵する人工知能(AI)の開発計画について発表した。プログラム「Nobel Turing Challenge」を活用して研究者はAIを を製作するが、この人工知能は2050年までにノーベル賞を受賞できるほど非常にスマートな機器となる。テクノロジーブログ「Engadget」が報じた。

報道によれば、現在、人間の知性と競い合うことができるAIは存在しないとう。高度に専門化された課題を遂行するシステムだけが存在し、たとえば、それはボードゲームで人間を負かすことができる。ソニーではそれ以上の機器を開発したいと望んでいる。

北野氏が進めるプロジェクトは、原則として科学・技術の新しい独自開発をベースにしている。同氏は、「私たちがすでに理解していることを繰り返さないこと、人間の思考過程を模倣しようとしないことが重要」と強調した。同氏によれば、プロジェクト「Nobel Turing Challenge」の価値は、継続的に、そして自律的に、独立して

発見を行うことが可能な機器の開発にある。「AI研究員」は可能な限り多くの仮説を立て、それを実証することになる。報道によれば、そのうちのいくつかはそれ自体が大きな発見となり、AIのベースとなるという。北野氏は、AI研究員は、人間が科学的仮説の実証に多くの時間が必要となる困難な知的作業を引き受けることになると述べた。

北野氏は第1段階として実験分野とデータ分析の両方で研究過程を部分的にオートメーション化するため、有益な機器セットの開発を計画している。段階的にAIの自動化レベルを高めていき、できるだけ広い領域で仮説を立て、実証に取り組むため、その研究分野を広げることになる。北野氏の予想では、プロジェクトの完全実施には30年は必要であり、2050年までにノーベル賞を受賞する水準に達するほど、ソニーが開発するAIは非常にスマートなものになるという。

米国の電気自動車メーカー「テスラ」は、AIの最新化に多大な労力を割いている。通信社「スプートニク」は、同社が人型ロボット「テスラ・ボット」のプロトタイプを2022年に完成させると発表したことを紹介している。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント