00:51 2021年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

チェコの学者たちは、世界の海からマイクロプラスチックを除去するために、鉛筆の尖った先ほどの大きさのミニロボットを発明した。サイトScience News for Studentsが報じた。

同サイトによると、ミニロボットに光が当たると化学反応が起こり、ロボットは水中を移動、マイクロプラスチック粒子を検出すると、除去を開始する。またロボットはごみにくっつき、後で見つけやすくすることもできる。

学者たちの最終的な目標は、世界中のいたるところで使用できる安価で環境に優しいロボットをつくることだという。

関連ニュース

タグ
ロボット, チェコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント