01:48 2021年10月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12
でフォローする

シンガポール政府は、パイロットプロジェクトの一環として、市内をパトロールする警察ロボットを始動させた。このロボットは「Xavier」と名付けられた。ガーディアン紙が報じた。

ロボットには7台のカメラが搭載されている。ロボットは市内をパトロールし、禁止区域での喫煙、不適切な駐輪、ソーシャルディスタンス違反など、「社会的に容認できない」行為について市民に警告する。

ショッピングセンターでロボットに遭遇した女性はロボットについて「『ロボコップ』を思い出しました。ロボットたちのディストピア世界が思い浮かびました。このアイデアに少し不安を感じています」と語った。

シンガポールは市民的な権利や自由を制限しているとしてよく批判されており、人々は厳格な管理に慣れているが、執拗なテクノロジーは引き続き懸念を引き起こしている。

なおシンガポール政府は、ロボットが市民の権利を制限したり、市民の身元確認を行うことはないと発表した。

シンガポールでは、人口高齢化による労働力不足を受け、警察ロボットの必要性が生じた。

関連ニュース

タグ
シンガポール
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント