04:20 2018年12月12日

トピック

災害・事故・事件

2018年西日本豪雨

西日本を中心に記録的な大雨で土砂崩れや水害が発生し、警察庁の発表をもとに報じたところによると、広島、岡山、愛媛、京都、山口、高知、福岡、兵庫、佐賀、鹿児島、岐阜、滋賀、鳥取、宮崎の14府県における220人以上が死亡した。1府4県で27人が安否不明となっている。

恐ろしい水害により、車はひっくり返り、道路は陥没、住宅も倒壊し、人々は全力で災害復旧作業を行っている。