14:12 2021年05月18日
米国
短縮 URL
3313
でフォローする

トランプ米大統領は、ロシアが朝鮮民主主義人民共和国問題の調整に「一切力を貸していない」と発言した。同発言はロイター通信からのインタビューで発せられたもの。

スプートニク日本

トランプ氏はまた、ロシアは北朝鮮が国連安保理制裁を忌避できるよう助力していると指摘している。

「ロシアは北朝鮮とのことで我々を全く助けようとしていない。ロシアはまた、中国がせっかく我々を助けていることを損ねている。」

トランプ大統領は、こうしたすべてのために北朝鮮は米国領域にまで達することのできる長距離ミサイルの製造に「日一日」近づいていると指摘している。

トランプ大統領はさらに、ビル・クリントン、ジョージ・ブッシュ・ジュニア、バラク・オバマの元米大統領全員はいずれも北朝鮮問題を解決できなかったと、3人を非難した。

この他にもトランプ大統領は、ロシアのプーチン大統領は本来であれば北朝鮮問題解決のために「多くのことを成しえる」はずであるものの、両国関係が低いレベルにあることが妨げとなり、この問題で確固とした成功を収めることができていないという見解を示した。

関連ニュース

中国外相 北朝鮮問題で真実の瞬間が訪れた

北朝鮮核問題 習氏、交渉再開の条件整備をトランプ氏に呼びかけ

タグ
北朝鮮, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント