20:06 2018年11月18日
米下院

米下院、トランプ陣営とロシアの関係示す証拠見つけず

CC BY 2.0 / Jason Ippolito / US Capital
米国
短縮 URL
180

米下院委員会は米大統領選挙への「ロシアの介入」に関する報告書の一部の機密指定を解除した。報告書の証拠が見つからなかった。

スプートニク日本

文書は200ページからなる。報告書によると、「審問を受けた証人の誰も」委員会に、2016年米大統領選挙のトランプ陣営とロシアの「関係、示し合わせないし協力」の証拠を提出したものはいない。

トランプ米大統領は、「ロシアの介入」に関する下院情報委員会の、機密指定を解除された文書の公開後、トランプ陣営とロシアとの陰謀という疑惑は終わるを迎えるべきだと述べた。

関連ニュース

「ロシア疑惑」で初の判決のバンデルズワン被告の罪は?一体何者か?

トランプ大統領についてのFBI前長官の回顧録、米で発売へ

タグ
選挙, ドナルド・トランプ, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント