00:40 2020年01月18日
米国
短縮 URL
0 01
でフォローする

米航空機メーカー、ボーイングの最高経営責任者(CEO)に就任したデイヴィッド・カルフーン氏は、旅客機737 MAXの運航が再開された場合、700万ドルの報酬を受け取る。ビジネス・インサイダー(Business Insider)が、ボーイングの情報を引用して報じた。

カルフーン氏の年収は140万ドルだが、複数のボーナスもあり、そのうちの1つは少なくとも250万ドルに上る。

カルフーン氏は、2度の事故を起こして生産停止となった737MAXの「完全かつ安全な運航再開」に対して700万ドルを受け取るという。事故は、ボーイング社の株価や財務指標に影響を与えた。

ボーイングの問題解決には、中国が寄与する可能性がある。中国は14日、米中貿易停戦の枠内で8000万ドル相当の米国の工業製品の購入を義務付けられた。ロイター通信が報じた。ロイターの消息筋によると、これには航空機の購入が含まれており、これは2年前に中国での販売が停止された「ボーイング」になるという。

ボーイングのCEO交代

カルフーン氏の前任者、デニス・ミューレンバーグ氏は、昨年12月に辞任した。ボーイングは1月、ミューレンバーグ氏は退職時に6200万ドルを受け取ることになると発表したが、これを退職金とはしなかった。事故調査にあたっていたボーイングのチーフエンジニアも辞任した。

関連記事

タグ
経済, 米国, 飛行機
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント