12:24 2021年03月08日
米国
短縮 URL
0 24
でフォローする

ジョー・バイデン大統領は20日、前任のトランプ氏が決定していた世界保健機関(WHO)からの脱退を取り消した。西側のマスコミが報じた。

米国のWHO復帰は20日の大統領就任式でバイデン氏が採択した最初の公約に含まれていた。

バイデン氏がこれを決めなかった場合、米国は2021年7月、WHOを正式に脱退する手はずになっていた。

就任式の前にバイデン・チームが行った発表には、米国は今週に行われるWHO執行委員会の作業に参加し、米国代表団の団長には米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長がたつことが明記されていた。

この他、バイデン政権はWHOを改革、強化し、健康保健面での同機関の働きを支援するためにWHOと米国の他のパートナーらとともに尽くすと約されている。


トランプ大統領からの批判

トランプ政権はWHOはCOVID-19ウイルスの発生についての情報隠蔽に関与したと幾度も断言し続けた。4月半ばにはCOVID-19ウイルス蔓延へのWHOの対応策が失敗に終わったことについて調査を進め、これが終了しない間は米国はWHOへの資金拠出を一時停止するとする大統領令に署名が行われた。

タグ
ジョー・バイデン, WHO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント