23:44 2021年06月22日
米国
短縮 URL
0 22
でフォローする

ホワイトハウスは、トランプ前米大統領の出したTikTokとWeChatアプリの使用禁止を目的とする大統領令を取り消した。

今回の新大統領令は、中国で開発または中国において管理されている他のアプリやソフトウェアに対してトランプ氏が出した大統領令をも無効にしている。

トランプ前政権は、TikTokが米国人のデータを中国当局に渡しうるとしてこれを非難したが、TikTokを運営するバイトダンス社はこれを否定してきた。トランプ氏は、2020年8月に「TikTokの脅威に対処」する大統領令に署名し、米国の管轄域内でのバイトダンス社との取引禁止の発効にに約1ヶ月間の猶予を与えていた。この猶予期限は数回にわたって延長されており、米国の司法は、そのたびに米国当局によるTikTokの米国内での営業禁止を凍結してきた。

関連ニュース

タグ
米国, TikTok, ジョー・バイデン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント