ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

「ウクライナ侵攻は数日中に起こる」 バイデン氏のこの言葉が状況を悪化させる=露ペスコフ報道官

© Sputnik / Sergey Guneev / フォトバンクに移行ロシア大統領府のペスコフ報道官
ロシア大統領府のペスコフ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 18.02.2022
ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官はリアノーボスチ通信に対し、ジョー・バイデン米大統領などによるロシアのウクライナ侵攻計画に関する声明が状況を悪化させていると語った。
ペスコフ氏は「残念ながら、そのような声明は緊張を高め続けている」と語った。
バイデン大統領は、ロシアによるウクライナ侵攻を予測する根拠はすべてあるとし、「今後数日中に」起こると述べた。バイデン大統領は侵攻のリスクを「非常に高い」としたが、ウクライナ情勢には外交的解決の余地があることを示唆した。
先に、西側メディアは、ウクライナ侵攻の日付について2月16日や2月20日などと具体的な日付を特定した。
ロシア外務省のザハロワ報道官(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 16.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
露外務省、西側メディアにロシアによる今後の「侵攻」スケジュールの公表を呼びかける
ロシアはウクライナ情勢を悪化させるという計画について再三にわたって否定しており、ロシアは何人に対しても脅迫しておらず、攻撃する意図もなく、この「ロシアの暴力」という表現がより多くのNATOの軍事機器をロシアとの境界線近くに配備する前提として利用されていると指摘してきた。ロシアのラブロフ外相は、ロシアはウクライナをめぐる紛争状況のためにいかなる口実も作っていないと述べた。ラブロフ氏によると、ロシアは、西側によって起こされたウクライナをめぐるヒステリーが、ドンバスに関するミンスク合意をひそかに妨害するというウクライナの路線のカモフラージュを目的としている可能性を排除していない。また、ペスコフ報道官によると、ウクライナをめぐる米国とNATOの情報ヒステリーは、多くが嘘や偽情報に包まれている。
ロシアがウクライナでの挑発行為を準備しているとされる声明は、演習後にロシア軍が配備場所に戻ったにもかかわらず、西側から引き続き出されている。14日、プーチン大統領はセルゲイ・ラブロフ外相およびセルゲイ・ショイグ国防相と会談した。ショイグ国防相は、「演習のいくつかは終わりに近づいており、いくつかはまもなく終了する」と報告した。また、ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は15日、南部および西部軍管区の部隊が配備地域に戻り始めていると記者団に語った。
関連ニュース
ロシア外務省 安全の保証についての協定案に米国は回答せず
ロシア政府 ドンバスへの平和維持軍の導入案についての問いに答える
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала