オリバー・ストーン氏、米国による核挑発の可能性を警告

© Sputnik / Aleksey Nikolskyi / フォトバンクに移行オリバー・ストーン監督、クレムリンで
オリバー・ストーン監督、クレムリンで - Sputnik 日本, 1920, 06.05.2022
アカデミー賞を3度受賞している米国の映画監督オリバー・ストーン氏は、ロシアに罪を着せるために米国のバイデン政権がドンバス地域で核挑発を行う可能性があるとツイッターに投稿した。スペイン紙El Diario 16が報じた。
ストーン氏は、米国の扇動によってウクライナでクーデターが起きた2014年以降、ウクライナ情勢を注視しているという。このクーデターの結果、ウクライナではロシア人に対する憎悪が植え付けられ、野党の政治家やジャーナリストの一掃が始まり、1万4000人の罪のない市民が殺害されたが、西側メディアでは報道されなかった。
最近、米国務省のビクトリア・ヌーランド国務次官は、あらゆる種類の核兵器が使用された場合、ロシアは深刻な影響を被ることになると述べた。この発言が、ドンバスで米ホワイトハウスが核挑発を行う可能性があるとする考えをストーン氏に抱かせたという。
「米国は、その結果何千人ものウクライナ人が命を落とすことになる出どころ不明の低威力の核爆発のための条件をドンバス地域のどこかでつくってはいないだろうか?もちろん、そんなことにならないことを願うが、もしそれが起こったならば、パブロフの訓練された犬のように、全世界がすべてにおいてロシアを非難するだろう。誰がボタンを押すかにかかわらず、すでに事前にこの罪は着せられている」
ストーン氏によると、米国は「高度な技と乱暴な力で(人々の)認知に働きかける戦い」を行っており、米国のテレビ番組を反ロシア的ニュースであふれさせている。
米国とウクライナの兵士(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 11.01.2022
バイデン政権、ウクライナへの軍事支援拠出を密かに承認か CNN
またストーン氏は、「もう1人」のボリス・エリツィンをロシアのリーダーの地位に置くために米国が立ち止まることはないとし、このエリツィン元大統領のような政策下であれば、米国は「大きなイデオロギー的ならびに商業的な機会」をロシアでつくりだすことができると考えている。またストーン氏は、さらに重要なのは米国が中国をロシアから引き離すことができることだと指摘している。
先にAP通信は、軍事訓練を受けた米国人がウクライナの軍事行動に参加していると報じた。
関連ニュース
米国 スウェーデンとフィンランドのNATO加盟を望む
NATOの東方不拡大はロシアにとって絶対的条件=露外務次官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала