米国、ロシアと最新兵器の管理について協議する用意を示す

© AFP 2022 / Mladen Antonov米国、ロシアと最新兵器の管理について協議する用意を示す
米国、ロシアと最新兵器の管理について協議する用意を示す - Sputnik 日本, 1920, 05.08.2022
米国はロシア側が「善良に行動する」という条件付きであれば、最新兵器の将来的な管理についてロシア政府と対話を再開する用意がある。アダム・シャインマン大統領特別代表(核不拡散担当)が表明した。
シャインマン大統領特別代表はニューヨークで開かれたNPT再検討会議で、次のように発言した。
「仮にロシアが善良に行動する用意がある場合、最新兵器の管理という将来を構築するためロシアと対話を再開する用意がある」
ロシアによるウクライナでの軍事行動は核安全保障上の脅威ではない=露外務省 - Sputnik 日本, 1920, 04.08.2022
ロシアによるウクライナでの軍事行動は核安全保障上の脅威ではない=露外務省
一方、米国家安全保障会議(NSC)のジョン・カービー戦略広報調整官によると、プーチン大統領とバイデン大統領の直接会談は近く予定されていないという。なお、カービー氏はロシアで逮捕され、有罪判決を受けた女子バスケットボールのブリトニー・グライナー選手について言及した中で、すでに送付済みの「公平で素晴らしい条件」を検討するようロシア側に呼びかけた。
米女子バスケットボールのブリトニー・グライナー選手 - Sputnik 日本, 1920, 05.08.2022
米女子バスケ選手に有罪判決 麻薬密輸で
先にモスクワ州ヒムキ市の裁判所は薬物密輸の罪で起訴された米女子バスケットボールのグライナー選手に対し、禁錮9年と罰金100万ルーブル(約220万円)の有罪判決を言い渡していた。
関連ニュース
中国への配慮から米国が大陸間弾道ミサイルの実験を延期=WSJ
中国軍機22機、台湾防空識別圏に侵入=台湾国防部
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала