10:57 2020年12月03日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 42
でフォローする

新型コロナウイルスの問題では、ロシア国内の状況はイタリアとは違っており、むしろ中国と日本のシナリオにそって進行すると消費者保護及び福祉に関するロシア消費者監督庁(ロスポトレブナゾール)の専門家ビクトル・マレーエフ氏が語った。

マレーエフ氏によれば、ロシアのシナリオはイタリアとは違い、むしろ感染封じ込め時期の中国、また、日本や韓国のようだという。また、新型コロナウイルスに関してはロシアではいまのところより好ましいシナリオで進行している。

ロシアではこの数日間での新型コロナウイルスの発症例は500件と発表され、国内の感染者数は2337人に達した


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスCOVID-19が疾患の原因と判断した。

中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

関連ニュース

タグ
日本, 中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント