18:25 2021年01月19日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

ロシアの航空会社「S7」は、タイ、ベトナム、日本からのロシア国民の帰国用の便を4月4日から一時停止を発表した。これより先、帰国希望者はインターネット上にある特別なフォームに記入し、フライトが組織されるのを待たねばならない。

ロシアのコロナウイルス感染拡大防止緊急対策本部の今のところの発表によれば、国民の帰国の一時停止は外国から持ち込まれたウイルスによってロシア国内で感染の新たな波を引き起こさない目的で行われる。

これをうけてS7もタイ、ベトナム、日本からの帰国便の全てを一時停止した。

今回の措置で外国にいるロシア人の全員が帰国手段を奪われたことにはならない。ロシア当局はこれから帰国便の特別フライト予定表の作成に入る。緊急対策本部の発表によれば、ロシア政府は外国にいるロシア国民の帰国を組織するために外務省に対し、5億ルーブル(およそ7億0950万円)を拠出している。


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスCOVID-19が疾患の原因と判断した。

中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
飛行機, 日本, ベトナム, タイ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント