22:48 2020年06月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 09
でフォローする

グーグルとアップルはコロナウイルス感染拡大を抑えるため、感染者の接触を追跡できる技術を共同開発する。両社がそれぞれ公式サイトで発表した。

この新技術により感染者が接触した状況を把握し、各国でコロナウイルス感染拡大を抑止することが可能になる。

第一段階としては、アンドロイドおよびiOS用のインターフェイスを開発。これを使ってスマホユーザーは保健・公衆衛生当局の公式アプリをダウンロードする。5月末までに提供予定。

第二段階はブルートゥースをベースにした専用プラットフォームの開発で、このプラットフォームにより感染者の接触を追跡することになる。両社は、この段階には数カ月を要すると見込んでいる。

ただし両社とも、ユーザーのプライベートと安全が優先であり、侵害されてはならないと強調している。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
テクノ, Apple, Google, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント