09:22 2021年06月19日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 50
でフォローする

米国で清掃員のうっかりしたミスでモデルナ社製の新型コロナウイルス用ワクチン約2000本が台無しになった。テレビチャンネルABCニュースが報じた。

ボストンで清掃員が清掃中にうっかり冷蔵庫の電源を落としてしまい、その結果、温度が上昇。冷蔵庫で保存されていたモデルナ社製ワクチン1900本が使えなくなった。冷蔵庫は安全な場所に置かれ、センサーも設置されていたが、何らかの理由で機能しなかった。

米国疾病予防管理センターの規則では、モデルナ社のワクチンは冷凍状態または摂氏2度から8度の冷蔵庫で30日間保管することとされている。

ワクチンはもとの数量に補充されたことから、今回の事故はワクチン接種には影響しないと発表されている。

この間、陰謀論を信じいていた米国の医療センターのスタッフが、モデルナ社製ワクチン約500本を故意に使用できなくしたことが報じられた。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
米国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント