19:55 2021年03月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

英国は、余分となったコロナウイルスワクチンの多くを国際的機構COVAXに寄付する。ボリス・ジョンソン首相が承認した。

首相官邸は、「首相は本日(18日)、英国で今後余分となるコロナウイルスワクチンの多くを、発展途上国の支援のためにCOVAXと共有することを承認した。これに加え、英国は既にCOVAXに5億4800万ポンド(約773億円)を拠出している」と伝えた。

ジョンソン首相は、19日に予定されるG7首脳テレビ電話会議で議長を務める。その際「ワクチンの確実で公正な分配を目指すべく、G7の指導者にCOVAXへの資金提供を増やすよう呼びかける」とされている。

ワクチン接種に関して、英国は欧州における絶対的な先進国である。現在、英国ではファイザー(米)及びバイオエヌテック(独)のワクチンとアストラゼネカ(英)のワクチンが接種されているが、先日モデルナ(米)のワクチンも英国で承認され、今春供給が予定されている。

また、英国民保健サービスは、ノババックス(米)と先週スコットランドで生産が開始されたヴァルネヴァ(仏)のコロナウイルスワクチンを、医薬品・医療製品規制庁によって承認され次第、すぐに接種開始できるよう調整している。

英国では、現在までに1600万人がワクチンの初回接種を完了した。こうした状況は、ワクチンの深刻な不足を訴えるEUの状況とはまったく対照的であると指摘される。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
英国, ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント