19:28 2021年07月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
ロシアの新型コロナワクチン (135)
0 30
でフォローする

コロナウイルスのワクチン「スプートニクⅤ」の開発に取り組むロシア直接投資基金はワクチン製造元に対し、インド型変異株に対応したワクチンを提供していく。この声明は同基金のツィッター上に明らかにされた。

ツィッターには、「スプートニクⅤ」が他のワクチンメーカーに対し、インドで初めて検出されたデルタ株ウイルスの予防に対応する「ブースター」ワクチンを近々提供するとアナウンスが行われている。

5月の時点では、インド型変異株に対するスプートニクⅤの効果性が調査されていることが明らかになっていた。同時にインドではロシア製のコロナ・ワクチンの接種が開始されている。ロシア製のコロナ・ワクチンのエピワクコロナを開発した「ベクター」研究所のリナート・マクシュトフ所長は、南ア型、インド型変異株に対して発揮する同ワクチンの効果性について、水準は多少劣るものの、それでも効果はあると語っている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

トピック
ロシアの新型コロナワクチン (135)
タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント