09:14 2021年09月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 63
でフォローする

米国在住の中国の反体制派で人権擁護活動家ウェイ・ジンソン氏は、武漢市で新型コロナウイルスの感染爆発が起こる1ヶ月以上前の2019年11月に同ウイルスの拡大について米諜報機関に報告していた。ニューヨーク・ポスト紙が報じた。

同氏によれば、彼が北京の高官からはじめて謎めいた新しい病気について聞かされたのは、2019年10月に武漢市で開催されたミリタリーワールドゲームズの時だったという。この情報を彼は中国の人権活動家ダイモン・リウ氏とその配偶者である元CIAエージェントのロバート・スッティンガー氏にも伝えている。

リウ氏は、この情報を国家安全保障補佐官のマット・ポティンガー氏に伝える予定であったが、彼女は、新たな感染症に関す情報が信頼できるものと考えなかったため、そうしなかったと語った。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント