18:04 2019年12月08日
エフゲニア・メドベージェワ選手

メドベージェワ選手、4回転ジャンプについて語る

© Sputnik / Alexander Vilf
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

ロシアのフィギュアスケート選手、エフゲニア・メドベージェワ選手(20)は、「ロシア新聞」のインタビューで、現代のフィギュアスケートではプログラムに複雑なジャンプを入れることが不可欠だと語った。

メドベージェワ選手は「現在、4回転ジャンプやウルトラCの要素で崇拝されているのは、4回転とトリプルアクセルです。もちろん私にも4回転ジャンプが必要です。フィギュアスケートを続け、さらに進歩したいからです」と語った。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Загитова, Медведева, Трусова (@figureskating_sportsru)

メドベージェワ選手は、4回転サルコウができるようになる時期について述べるのは難しいと強調し「今は健康について考えており、けがを避けたいと思っています。でも私は4回転サルコウに取り組んでいます」と述べた。

先にメドベージェワ選手は、4回転ジャンプに関する日本メディアの質問に腹を立て、4回転ジャンプについての質問にはうんざりしていると述べた。

メドベージェワ選手は2018年2月に開催された平昌冬季オリンピックで銀メダルを獲得、同年春にロシアからカナダへ拠点を移し、ブライアン・オーサー・コーチの指導を受けている。

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア大会でメドベージェワ選手は2位になった。1位は、メドベージェワ選手が指導を受けていたエテリ・トゥトベリーゼ・コーチの教え子、アレクサンドラ・トルソワ選手(15)。

矛盾する4回転

多くの批評家が、ジャンプの回転数が増えるのを見て、フィギュアスケートが芸術ではなくなると危惧を唱える。

近頃、ジャンプ偏重の流れが美しさやプログラムの意味を超えて優勢になり、国際スケート連盟(ISU)も真剣に取り組みを見せ、選手に他のアプローチをさせるようなルールに返納した。例えば4回転の価値点は下がり、GOEの幅も、以前の「-3」~「+3」から「-5」~「+5」へと広がった。これにより技術的エラーに対する減点が厳しくなった。

それというのも、ほんの2年前までは女子選手が4回転を跳ぶとは想像できなかったのだ。

3回転コンビネーションを何度かプログラムに組み入れれば、それで、かなりのレベルの選手だと思われていたのである。しかし今では、何人かの選手にとっては、4回転はすでにルーティンになっている。2019年10月5日、ジャパンオープンで、ロシアのアレクサンドラ・トルソワ選手がフリーで4回転を4回も着氷した。女子シングルにおける4回転については、フィギュアのプロフェッショナルの間でも、ファンたちの間でも、少なくない論争を呼んでいる。何人かの専門家は、4回転は女性選手の身体にとってよくない、と警告している。世界で初めて、4回転を教え子の女子選手たちに教えてプログラムに組み入れた、有名コーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏は、あるインタビューで「どのジャンプも、すべて、とても大きなリスクを負っている。そのリスクは他の何とも比べようのないものだ」と話している。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
エフゲニア・メドベージェワ, フィギュアスケート, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント