10:27 2020年09月25日
フィギュア特集
短縮 URL
0 47
でフォローする

2011年欧州フィギュアチャンピオンのフローラン・アモディオ選手のインスタライブで、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手(20)がエテリ・トゥトベリーゼコーチのもとを離れ、カナダに拠点を移した理由を語った。

2018年平昌五輪の女子シングルで銀メダルを獲得したメドベージェワ選手は、シーズン終了後にトゥトベリーゼチームを離れ、ブライアン・オーサーコーチの指導を受けることを決めた。そのためにはカナダへ拠点を移したが、試合にはロシア代表としてその後も出場。国籍を変える噂もあったが、あらためてそれを否定した。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Florent Amodio 🧿 (@moment4life1990)

「ロシアを離れたのは、良い成績を求めてであるとか、翌シーズンに勝ち続け自分が一番であることを示すとか、そのためではない。それは競技人生の中ですでに何度もやってきた。私はただ、コーチと友人のような関係で練習したかった。ブライアン(オーサーコーチ)となら理解し合えると思ったし、何よりも大事なのは、お互いの意見を尊重し合えると思った。」

メドベージェワ選手はまた、カナダに来たばかりの頃は大変だったと語った。すべてが新しいことばかりで、英語もその一つ。でも2週間を過ぎた頃には慣れたという。今でも文化やメンタルの違いは感じつつも、その点は彼女にとってあまり重要ではないという。

「大事なのは、私の傍にはブライアンがいてくれるということ」と語った。

昨シーズン、メドベージェワ選手は靴のトラブルにより、ショートプログラムを終えた時点で国内選手権を棄権した。一方、来シーズンはアリーナ・ザギトワ選手(17)とともに代表入りすることが決まった

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント