02:34 2017年11月21日
東京+ 4°C
モスクワ+ 2°C
    トランプ米大統領、「IS崩壊視野に」とラッカ奪還歓迎

    トランプ米大統領、「IS崩壊視野に」とラッカ奪還歓迎

    © Sputnik/ President of the Ukraine Press-Service/Nikolay Lazarenko
    中東
    短縮 URL
    230574

    トランプ米大統領は21日、国際テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」が「首都」と称したシリア北部ラッカ奪還を歓迎する声明を発表した。共同通信が伝えた。

    スプートニク日本

    民兵組織シリア民主軍(SDF)は米軍と共に20日、ラッカを完全にISから解放したとして、正式に勝利宣言を行った。声明でトランプ氏は、ラッカでのIS打倒は、世界でのIS掃討作戦における「極めて重要な突破口」であり、IS崩壊が視野に入ってきたと指摘した。

    関連ニュース

    「ダーイシュ」の首都制圧により、シリア全土におけるテロリズムに対する勝利が近づいている シリア民主軍

    ダーイシュ幹部ら トルコへ逃亡か

    露国民の過半数 シリア内戦関与を前向きに評価=世論調査

    タグ
    テロ, 戦争・紛争・対立・外交, ISIS, ドナルド・トランプ, シリア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント