17:48 2019年05月27日
カザフスタンのヌルスルタン・ナザルバエフ大統領

ナザルバエフ大統領、ウクライナに対する懸念を表明 「ウクライナ人とは心が通じている」

© Sputnik / Mikhail Voskresenskiy
政治
短縮 URL
2141

カザフスタンのヌルスルタン・ナザルバエフ大統領は露国営テレビ「ロシア24」のインタビューを受け、ウクライナの先行きに対する懸念を示した。

スプートニク日本

ナザルバエフ大統領は「隠すこともない、私はウクライナの先行きを心配している。そこ(ウクライナ)で勉強していたし、ウクライナ人の友人とは今でも関わりがある。われわれはウクライナ人を理解しているし、心が通い合っている。これまでのような関係に戻ることを、ロシアとウクライナがわれわれと共にあることを切に願っている」と述べた。

ナザルバエフ大統領はまた、対ロシア制裁はユーラシア経済連合(EEU)加盟国における貿易関係を強固にするだけで、目立った効果は得られないとの見方を示した。

2017年、ナザルバエフ大統領はロシア・ウクライナ両国に対し、ウクライナ東部のドンバス地方における紛争を解決するよう要請している。

関連ニュース

ウクライナ、戒厳令を発令 部分的動員も開始

ウクライナ最高議会議員がポロシェンコ批判を展開 「大きな不幸だ」

ロシアは主権、安全保障の侵犯を厳しく遮断する 露外務省

タグ
戦争・紛争・対立・外交, ユーラシア連合, ウクライナ, カザフスタン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント