04:18 2021年05月15日
政治
短縮 URL
0 24
でフォローする

米国のジョー・バイデン大統領は7日、CBSのインタビューで、中国との関係について、トランプ前政権の政策とは違い、国際ルールに焦点を当てて競争を行っていくと述べた。

バイデン氏は今後の米中関係が「激しい競争になる」と強調した。

バイデン氏はまだ中国の習近平国家主席と電話会談を行っていない。一方、バイデン氏は「電話しない理由はない」と語り、会談を行う用意があると述べた。また、バイデン氏は、自分が副大統領だった時代から習近平国家主席のことをよく知っていると述べ、「彼は民主的な性質を持っていない」と指摘した。

これより前、中国の分析センター「大河」のチェン・フェン上級研究員は、米政権の対中政策についてコメントしていた。バイデン新大統領の政権下で、米国の対中姿勢はある程度良好なものにはなるが、米政府が中国への戦略的圧力を弱めることはなく、中国を抑止するための基本路線は変更されないだろうとの見方を明らかにしていた。

関連記事

タグ
ジョー・バイデン, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント