22:16 2021年04月23日
政治
短縮 URL
0 16
でフォローする

米国のジョー・バイデン大統領は、日本の菅義偉首相との早期の会談を調整している。こうした背景には、同政権が国際秩序に本格的に挑戦する力を唯一保有する国と規定する中国へ対抗するため、日米同盟を重視していることが上げられる。産経新聞が報じた。

バイデン大統領は、菅首相との会談で東アジアにおける中国の脅威や尖閣諸島問題などについて意見交換すると見られ、その際、中国をにらんだインド太平洋地域の安定で日本はどのような貢献が可能かを確認するとされる。その上で同大統領は日米安全保障条約で定められた米国の義務について伝える見通しだという。

また、バイデン大統領は、日本とオーストラリア、インドの4ヶ国の枠組みをインド太平洋戦力の中心と位置づけており、オンラインで初の首脳会談を実施することも予定している。

関連ニュース

タグ
中国, 米国, 日本, 日米関係
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント