13:20 2018年06月21日
イギリスの首都ロンドン市

人工知能、英国防衛に立ち上がる

© Sputnik / Vladimir Pesnya
テック&サイエンス
短縮 URL
118

軍事目的の人工知能(AI)を開発する研究センターが英国で設立される方針だ。無人航空機(ドローン)での利用はもちろん、情報戦やサイバー上の脅威対策のほか、軍司令官に助言を出すために用いる予定だ。

スプートニク日本

ウィリアムソン国防相が設立を発表。同国南部のポートンダウンにある既存ラボをベースにセンターは作られる。

ロシア軍も以前、人工知能開発を始めると発表。これは新型軍事テクノポリス「エラ」の主な目的の1つとなる。ショイグ国防相は軍部ないし民間研究者に、AI開発で力を合わせるよう呼びかけた。AIは国の技術的かつ経済的安全を保証する助けになるからだ。

ボリソフ国防次官は、AIが現代のサイバー戦争で必須だと付け加えた。AIは大量の情報処理や必要な情報探索を速くする助けになる。これは、バーチャル空間で展開されている衝突において大きなアドバンテージを与える。

関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, びっくり, 軍事, テクノ, 人工知能, ロシア, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント