19:28 2019年12月06日
露米核戦争が起きると地球はどうなる?

露米核戦争が起きると地球はどうなる?

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
151
でフォローする

アメリカとロシアの全面的な核戦争は、約10年続く暗く冷たい冬の始まりとなる。ラドガース大学、アメリカ海洋大気庁、コロラド大学ボルダ―校の研究者らは、学術論文の中でこのような結論を導いた。

火災

研究調査によると、大規模な核兵器使用に起因する火災は大気に1億4700万トンの煤を放出する。煤は数週間のうちに風で成層圏全体に広がり、日光を遮断する。

専門家らは、幕の明らかな浄化が始まるには約7年を要し、地球表面の光度が正常レベルに戻るにはさらに3年が必要だと予測する。

冷却

煤のカーテンは摂氏8度以上の気温低下をもたらす。研究調査で示されたグラフによると、気温以上は約4年続くという。気温が核戦争前の値に完全に戻るには、約10年を要する。

今回の研究調査には新しい地球モデル大気気候モデルが用いられている。全体として、今回研究者らによって得られたデータは、1980年代に使用されたより簡単なモデルの予測を裏付けることとなった。

研究者らは「全面的核戦争は、それを実行しようとした国にとって自殺も同然だ」と述べ、アメリカとロシアが核兵器を使用した場合、全世界に悲惨な結末をもたらす、と強調した。

研究チームは、「核兵器の削減、また核兵器を所有する全当事者の軍縮が必要不可欠だ」と締めくくっている。

関連ニュース

国連専門家 核戦争のリスクは1945年以来、最悪の水準

タグ
核兵器, 露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント