20:47 2020年11月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (110)
0 50
でフォローする

赤ワインやチョコレート、熟成チーズ、添加物、燻製、その他の一連の食品は片頭痛の発作を誘発するおそれがある。この点について、モスクワ州健康保健局の神経学者で医科学博士のリナト・ボグダノフ氏が解説した。

ボグダノフ博士によれば、片頭痛に見舞われる人々は、しばしばどのような食品から発作が生じるか自ら理解しているという。

しかし、同博士は、チョコレートや燻製、添加物、熟成チーズ、パルメザンやモッツァレッラ、また、赤ワインビールなどがもっとも頻繁に片頭痛を誘発すると強調した。

同博士によれば、片頭痛の発作を誘発する食品は、脳のセロトニンシステムに影響を与える物質を含む製品に関係しているという。また片頭痛は空腹を引き起こすため、片頭痛持ちの人々は日に5~6回食事を摂ることになるという。

関連ニュース


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

トピック
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (110)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント