13:59 2021年01月16日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 612
でフォローする

ビル・ゲイツ氏が自身のブログで今年の統計をまとめ、ワクチン開発にも関わらず、今後数ヶ月パンデミックは悪化する一方だと危険視した。

ゲイツ氏は、「残念ながら私たちは今なお困難を脱していない」と語った。

コンピューターモデルを使用し入手したデータにもとづき、ゲイツ氏はパンデミックの悪化について言及した。データは来月に世界の状況は悪い方向へ進むことを予想した。

同時にゲイツ氏は、マスク着用と社会的距離の維持は依然としてコロナウイルス感染の対応として有効な手段となることを指摘した。来年も公の場への訪問規制は継続される。

同氏によれば、全体的として2021年には感染者と死亡者の数は減りはじめ、生活も徐々に正常化へ向かい始めるという。全体的な予想からゲイツ氏は、来春にはワクチン接種は世界的規模に達するだろうとの自身の希望を表明した。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, ビル・ゲイツ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント