23:44 2021年06月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

中国の火星探査機「天問1号」の火星着陸が5月15日から19日の期間であることが予想される。同探査機には探査車「祝融」が搭載されている。中国国家航天局の発表で明らかとなった。

昨年7月の打上げから同機のすべてのシステムは規定どおりに作動している。

軌道モジュールと着陸カプセル、探査車から構成される中国初の火星探査機「天問1号」は、2020年7月23日に海南島の文昌衛星発射場から打ち上げられた。2021年2月には火星の軌道に乗ることに成功。ミッション成功の場合、同機器は収集したデータを今年中に地球に送信することになる。

ミッション成功時には研究者らは、大気や地形、地質学的特徴、同惑星の磁場の特性を研究することができ、火星や全太陽系の誕生と進化の謎を解く手がかりを得ることができる。

ミッションの重要な任務は火星の生命体の兆候の発見と、今後、同惑星の環境が変化し、人間の生活に適するようになるかを明らかにすることにある。

関連ニュース

タグ
火星, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント